2008年11月24日

君津へ

秋晴れの連休である。
姉夫婦の車に同乗して、弟の単身赴任先(君津)を訪問した。
近いうちに一度訪れたいなと思っていたので、姉に声をかけて実現した。

行きはかなりの渋滞で2時間ほど掛かったが、帰りはスイスイで半分の1時間で戻った。

首都高、京葉道路、館山自動車道を経て君津へ。
弟と合流して房総半島を時間の許す範囲でドライブした。

内房線沿いを走り、保田のあたりで海鮮料理の昼食を取り、鴨川から小湊へ。
ここでは日蓮上人の生誕の地である小湊誕生寺を参拝。
この辺りで暗くなったので、弟の家に急ぎ戻り、駅前に出て兄弟で水入らずの飲み会。

母の葬儀以来、兄弟での飲み事の機会が増えた。それまでは別々に飲むことはあっても、3人揃う事は滅多に無く、これも母の引き合わせと考えるべきかな。
久し振りに遅くまで思い出話に花が咲き、しこたま飲んだ。

翌日は午前中に富津の海岸に行った。
新日鐵の君津工場、東京湾、横浜、横須賀、大きな富士山などがパノラマで見渡せるスケールの大きな眺めだ。
房総半島の先端と三浦半島の先端はそれぞれ内側に湾曲しており、ここ(富津)から横須賀がこんなに近くに見えるのは意外で、驚いた。
風がかなり強く寒かったので、風景を十分には堪能できず早々に引き上げたが、素晴らしい海岸、風景であり、公園も大きく整備されている。また夏場に訪れたいものだ。

弟の住環境も思ったより良くて安心した。

Posted by hirarin at 15:07 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月24日

菩提寺へ

母の葬儀が一段落し、遺骨を福岡へ連れて帰って来た。

東京の葬儀では色々とお世話して頂いた菩提寺にも御礼と、次(四十九日)の段取りをしてきた。
ご住職(Tさん)とも積もる会話ができて良かった。
母好みの立派な戒名も付けて頂き、菩提寺の有り難味をしみじみと感じた。
とにかく、これで、本当の一段落だ。

Tさんのご紹介で、東京でお世話になったS寺のご住職(Hさん)は著作も沢山あり、人当たりの良い立派な方であった。(本も1冊頂いた。)
お通夜の後も、遅くまで付き合って頂き、有難いお話を多々頂いた。ある意味楽しい会話であったし、心を癒すことができた。感謝、感謝である。
山手線沿線にお寺もあるし、時々顔を出し、お話を伺いに行こうかな。

まだ、四十九日が来るまでは納骨もできないが、
親父と同じ所に戻って、母も安心しているだろう。

母の遺影のレプリカを東京のアパートに持って行くことにした。

忌引きの休暇はもう少し(7日間?)貰える様だが、そうも言ってられないので、早く職場にも復帰しなくては。

Posted by hirarin at 15:58 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月18日

母、永眠す

今朝、3時47分、母が83歳の人生の幕を下ろし、永久の眠りへと旅立った。

その瞬間、色んな思い出が頭をよぎり、涙が止まらなくなった。
戦争体験も含め、激動の一生を走り抜けた人だった。

自分は贅沢をしないが、子供のためには無け無しの金をはたく人だった。
物心が付いた頃から、母の思い出は、家族のための自己犠牲の連続だった。
なのに、親孝行らしいものは尽くし足りてない。恩返しすらできていない。

振り返ると、残念であり、自分が情けない。


母の若い頃の写真は、姉がごっそり持ち出していたので、手元には少なく、忘れていたが、姉の家で久しぶりに再会した。

若い頃の母の綺麗なこと。
希望に胸弾ませた、清楚な夢見る瞳がそこにある。

健康体で、風邪をひいたのを見たことが無かった。
多少の熱なら体を動かしている内に良くなる、と言うような人だった。
人生初めての入院がそのまま目覚めぬ人になろうとは...。


もう少し、昔の話を色々と聞いておけば良かった。


中学生の頃、私が歌っていたBeatles の ticket to rideの 「she's gonna ticket to ride」 を 「静かなチョコ頂戴」 とベロを出しながら歌っていた人。

古めかしくも、モダンな面がある人であった。

私を生んでくれた人、慈しみ愛してくれた人、どんな時も裏切らなかった人、
誇り高く頑固だった人、毎朝大きな声で起こしてくれた人、質素だった人、
笑顔のかわいかった人、いつまでも待っていてくれた人、いつまでも与え続けてくれた人、・・・

世界で一番大好きだった人。


安らかにお眠りください。

さようなら。

Posted by hirarin at 11:41 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月17日

心の会話

母が苦しそうに、病と闘っている。見ているのも辛い。

胆嚢炎を契機にした敗血症を引き起こしている。

【敗血症(はいけつしょう、Sepsis)は細菌によって引き起こされたSIRS(systemic inflammatory response syndrome、全身性炎症反応症候群)である。細菌感染症の全身に波及したもので非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る。もともとの体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。】   wikipediaによる。

救急病院で鼻にも口にもパイプを突っ込まれ、呼吸補助や昇圧剤、抗生物質、透析etc、etcの点滴をされ、監視のためのモニターや機械群に囲まれ、苦しそうに呼吸をする母が居る。
血液、薬物の循環(の結果)とその不全(の結果)は短時間に母の外観に影響を与える。顔色、体温、腫れ、むくみ、血痕、etc見る見る間に変化し、良くも悪くも一喜一憂することになる。

どうせ永らえることが無いのなら、この苦しみから解放してあげたいという気持ちと、一刻でも早く回復させるためにできる事は何でもしてあげたいと言う、矛盾する気持ちの葛藤がある。

待機している気持ちの高ぶりを少しでも抑えるために、敗血症の俄か勉強と、投下する薬の可能性、限界などを持ち込んだPCで調べまくる。

面会が許可された時間には意識の無い母の手を握り、心の会話を試みる。親子だから、何か通じるものがあるかもしれないと、微かな期待を込めて。

Posted by hirarin at 08:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年3月12日

ホームステイ

娘が昨日から3週間の予定で、ニュージーランドにホームステイに行った。

居なくなって寂しいのか、家人が2Hr置きに今ごろはxxをしている頃だと、予定表を見ながら、度々言うので可哀想になって、googleでステイ先の関連情報を検索してあげた。

便利な時代になったなと思ったのは、ステイ先の住所くらいしか分からないのに、家の辺りの地図や近くのスポットや観光地、乗り物など、かなりの情報が短時間にWebで入手でき、現地に既に行ったことがあるような気分になった。

ニュージーランドは色んな人から聞いてはいたが、風光明媚で社会インフラも整い、人間も素朴で良い人が多い(ような気がする)。治安も良さそうだ。
いつか行ってみたいところだ。

確かに、いつもそこにいた人間がいなくなるのは何となく寂しいものだ。
帰国した時の土産話を楽しみにしたい。

Posted by hirarin at 13:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月 3日

ヒートポンプ式

TVのCMで気になるものがあった。
M社の洗濯機で、乾燥時にヒーターと水を全く使わない「ヒートポンプ乾燥方式」というキャッチに耳が反応した。

ヒーターを使わずにどうやって乾燥するんだろう?

という訳で、調べてみた。(以下、引用)

【衣類乾燥の仕組みはこうだ。
 まず,湿ったドラム内の空気を,熱交換機に通して冷やす。エアコンで言えば,室内機側の熱交換機だ。強力な冷房をすると思えばよい。当然,空気中の水分が凝結し,空気の湿度が下がる。
 次に,冷えて乾燥した空気を,今度は,加熱側の熱交換機(エアコンで言えば室外機側)に通して温める。すると,相対湿度は,いっそう急激に下がる。この空気をドラム内に導き,洗濯物から水分をさらに奪う。ダブルで除湿をしているわけだ。このサイクルを繰り返して,除湿するわけだ。

冬に洗濯物を干すと,よく乾くことでもわかる通り,衣類の乾燥には,温度よりも湿度(相対湿度)のほうが深くかかわっている。これまでのヒーターを使う方式の従来機では,ドラム内の空気を暖めるものの,空気の除湿は水道水の温度差で水分を凝結させるだけだから,湿度を一気に下げるのは難しい。ところが,ヒートポンプならば,いとも簡単に湿度を下げられる。】
 
ということらしい。
乾燥スピードが速いだけでなく、省エネ、省水、服の縮み無し、布痛み少ないなど魅力的な洗濯機である。

Posted by hirarin at 11:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月20日

ご近所の飲み会

子供の学校時代の繋がりや町内の役員などの関連でご近所の中でも永くご縁が続いている方々がいる。
その中でも良く続いているAサークル会の久しぶりの集まり、所謂飲み会があった。

盛り上がって、2次会に行こうと言うことになり、街なかに繰り出した。


G.S.PUB Windy http://www.gs-windy.com/index2.htm 

何と1979年からやっていると言う。
バンマスの松本さんのトークで半分以上盛り上げているような気もするが、楽しい空間である。
集まっているのも同じ世代の人が多い。
この世代の人は、バイタリティ溢れる人が多いんだな^^;
やっている曲も世代が同じせいか、ぴったり来る感じかな。

いやはや、楽しい時間でした。

Posted by hirarin at 21:42 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月 2日

ふくこいアジア祭り2005

ふくこいアジア祭りとは 「よさこい」 という踊りをベースとしたダンスカーニバルである。
今年は10/1(土)、2(日)の2日間、福岡市役所ふれあい広場、アクロス福岡シンフォニーホール会場、警固公園会場、博多駅前会場など5ブロック(全国から150チームくらい?)で予選が行なわれ、各ブロックから勝ち抜いた計15チームが決勝進出となる。決勝は福岡市役所ふれあい広場のオープンスペースで大音響と照明の中、熱気に包まれて行なわれた。

例年だと全くと言って良いほど、関心がなかった(知りもしなかった)イベントだが、今年は娘が、運動不足解消もかねて、「よさこい」にはまっており、この大会に仲間と一緒に出場すると言うので、家人と共に応援に行った。

娘のチームだけ見て帰ろうと言っていたのだが、熱気に押され、また、各チームの迫力や趣向に感心しているうちに、決勝まで見てしまった。

正直言って、期待していなかったが、感動してしまった。
出場者も小さな子供から86歳のご老人まで幅広く、踊りの振り付けや演出も多彩である。
「よさこい」本来の良さと博多んもんの祭り好きと(恐らく)推進者、スタッフの尽力で盛り上がったカーニバルでした。
いや~楽しかった。

Posted by hirarin at 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年7月24日

アゲハチョウの成虫

ずっと追いかけてきたアゲハチョウの青虫がさなぎを経て、成虫になった。

青虫のサナギ化http://open.9va.com/archives/001061.html 


アゲハチョウの青虫騒動http://open.9va.com/archives/001055.html 

実は、写真に撮ったのは全てが同一物のものではなく、結構早いサイクルで成虫化するので、別々のものを撮っている。

さなぎは、よく観察していた家人の話によると、動けないだけに、蟻や小バエなどの攻撃を受け、成虫になる確率は結構低いそうである。青虫の時代に鳥から食べられる危険も高く、残るのはわずかである。この理由により、サナギ化したものを虫かごに入れて保護したと言う経緯がある。

少しの間とは言え、世話をしたら、愛着も湧き、虫かごから出す時は、我が子の旅立ちを見送る心境になる。達者で暮らせよ〜。

DSCN0164.JPG
虫かごの中でさなぎから脱皮し成虫になったアゲハチョウ

Posted by hirarin at 11:44 | コメント (0) | トラックバック

2005年6月19日

青虫のさなぎ化

先日、掲載したアゲハチョウの青虫の何匹かが、さなぎ化した。
放っておくと、蟻の攻撃を受けるそうで、家人が取り合えず虫かごに移すことにした。
蝶になったら、外に放してあげよう。

DSCN0150.JPG
虫かごに入れられたアゲハチョウのさなぎ

Posted by hirarin at 21:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年6月 5日

あげは蝶の青虫騒動

我が家の猫の額ほどの家庭菜園に、家人が野菜やハーブなどを植えており、時々、新鮮なサラダを楽しんでいる。
農薬も無い新鮮な野菜は虫にも美味しいらしく、最近、三つ葉やパセリなどに、あげは蝶の幼虫(青虫)がついた。
家の女性陣が、大騒ぎし、毎日観察をしている。
「昨日、8匹いたのが、今日は5匹しかいない。鳥に食べられたのかしらん?」などと心配し、まるで、家族の一員になったかのように、毎日大騒ぎである。
DSCN0146.JPG
庭のあげは蝶の幼虫 かなりきれいな配色である

Posted by hirarin at 12:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年5月 5日

家族の絆

NHKTVのにんげんドキュメント、シリーズ 「藍とさくら」 の第1回目「心優しくたくましく」を見た。プロゴルファー宮里 藍とその家族の数年を追いかけたドキュメンタリーだ。

父親の優さんはかつて村長選挙敗退などもあり、生活は決して楽ではなかったようであるが、
「夢さえ持っていれば、どうにでもなれる。」という父親。
ゴルフが親子の会話だったと言う母親。
目標を失いつつあった長男聖志を沖縄に呼び戻し、懸命に支える。

藍が13歳の時に父の誕生日に出した手紙が披露される。「希望を捨てずに、明日へ、未来へ。」と、結ぶ。短い手紙だが父親は、感激し、ずっと大事に持っている。
「こんな(内容の)手紙は本来は、親が子供に出す手紙でしょう。」と言う父親。

番組を通して、藍の発言は、幼い時からしっかりしており、家族のみんなに気を配り、元気を与えているのが分かる。また、家族の中核として愛らしさだけでなく、家族全体を引っ張っているような風格さえ漂わせる。

調子が出ない次男の優作に 「アマチュアじゃないので勝つ事だけが目標ではない。プロとしてどういうプレーをするかが大事です。」 というイチローの言葉を引用したメールを送り、プロとしての激励をする。

皆で皆の生活に気を配り、順調な時も不調な時も連絡をしあい、励ましあい、強い家族の絆と言うものを感じる。羨ましい家族だ。

Posted by hirarin at 01:45 | コメント (0) | トラックバック