2010年5月31日

体の使い方を身に付けさせる

NHKニュースでやっていた。

ある幼稚園でテストしたら、園児の中で、ボールをちゃんと投げられる子供が全体の3%しかいなかったそうだ。
腕だけでなげたり、両足をそろえたまま投げたり、ちゃんと投げられずに地面に投げつけたりetc 映像を見ると、どうなったのかな?と言う不思議な感じである。

そういった事実に驚愕し、園側も対策として、生活を少し前に(不便に)戻したり、リスクをあえて取ったりして、子供たちの身体能力を付けさせる取組みをしていた。
(例えば、水道の蛇口のひねりを以前のひねり難い物に変えたり、水筒の注ぎ口もあえて手で回す古いものに変えたり、多少危険な遊びにも目をつむったり、etc)

効果は直ぐに現れるそうだ。

現代人は、便利さと引き換えに、体の磨きを犠牲にしている。

子供たちには、不便さこそが、体の使い方を身に付けさせる格好の材料なのである。
大人にも考えさせられる問題でもある。

全ての課題には俯瞰すべきバランスが背景にある。

Posted by hirarin at 21:40 | コメント (0) | トラックバック

2010年5月21日

日本学術会議へ

横幹技術協議会の案内で、乃木坂にある日本学術会議に出席してきた。
今回のセッションテーマは「知の統合」である。

あらゆる分野で、「学際」による異分野統合や方法論の見直し、お互いに刺激を与え合う取組みなどが行なわれている。

今の私の仕事には非常に関係深いし、産と学の議論も有意義で、かつ楽しかった。
理化学研究所の木村会長の基調講演が、とても印象深く、参考になった。

SN3E0085.jpg
  始まる前の会議場にて

Posted by hirarin at 21:16 | コメント (0) | トラックバック

2010年5月 5日

チベットへ

ゴールデンウイークを使って、予てからの願望だったチベットへ行ってきた。

入国手続きで、思いもしないトラブルが起きたり、思っていたより素晴らしい仏教芸術に感動したり、高度4000〜5000メートルの高山の町で、酸欠症状を起こしたり、etcetc
とに角、想い出深い旅となった。

写真も、数百枚、撮りに撮った。
綺麗な風景、人、山、街、寺院etc別途整理して、アップしたい。
暫くは、自由な時間が無いので、予告編だけ。
済みません。

Posted by hirarin at 20:49 | コメント (0) | トラックバック