2010年3月27日

久し振りの師匠

随分久し振りに連絡があり、師匠とお会いした。
いつも変わらぬ、こぼれる様な笑顔と、人のために一生懸命なスタンスは、お会いするだけでほっとする。
このようなものが人格と言うのかな。

短い時間に、一気に最近の出来事を喋り捲った。
黙って聞いていただいた。
両親とも亡くなった自分としては、素直に自分を語れる数少ない人物である。まるで親のように。

話のストーリーを事前に準備していたわけではないが、喋りながら、自分の本当の気持ちを確認しているような不思議な気分になる。
有難うございました。少し、元気になったかな。

後で色々と振り返ってみると、師匠の気遣いを沢山感じた。
頑張らなくっちゃ。

Posted by hirarin at 22:40 | コメント (0) | トラックバック

2010年3月26日

感謝

時々会っているKさんが会いたいというので、名古屋からとんぼ返りして、品川で飲んだ。

「気持ち」が有難く、一緒に頑張りたいと言う思いも通じる。
どんな境遇にあっても変わらぬ、一貫した姿勢というものは、信用できる人間としての充分な裏づけを与える人だ。

あなたを信用してまっせ^^。

最近では、この人と、仙台のxxさんは技術力、取りまとめ力、人柄、全て信用に値する人だと思う。
人生、この先どうなるか全く分からないし、へこたれる様な事が色々有っても、こんな人が近くにいて時々会いに来てくれる。

その事がとっても有りがたく、感謝したい。
有難う!!

Posted by hirarin at 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2010年3月25日

名古屋 栄のカレーうどん

名古屋市中区栄に大好きなカレーうどんを出すうどん屋がある。
名古屋で仕事をしている時に昼飯によく行った店だ。

入り口はスナックか洋食屋のような風情である。「有伝亭 匠」と書いてある。地面に立ててある看板には「うどん屋」と書いてある。
店の名前が「うどん屋」なのかとずっと思っていたが、今回行った時に写メに取ったら「有伝亭 匠」と気づいた。

SN3E0074.jpg

アラ40くらいのカッコいい夫婦が作っている。
作業は分担され、腰のある麺作りと、湯がきが旦那さんで、汁や盛り付けが奥さんの方みたいだ。
とに角、丁寧な作りである。

江戸のカレーうどん(そば)とは全く違う味付けである。カレー粉も何種類もブレンドした香り立つ味わいである。
具も鶏肉、大き目のネギ、油揚げ、かまぼこ、バランスが素晴らしい。

とに角旨い。

久し振りに(2年半ぶり?)食べたが、変わらない旨さだった。
SN3E0073.jpg

Posted by hirarin at 22:35 | コメント (0) | トラックバック

2010年3月20日

兄弟でプレイ

先日、姉夫婦と飲んだとき、義兄と「弟のところで一緒にゴルフでもしませんか」と言うことになった。
そう言えば前から何度もその話が出ては先送りになっていた。

今回は、義兄も(妙に)乗り気になり、その場で弟にTELを入れて、即決した。

と言う事で、本日、姉夫婦の車に乗せてもらい千葉まで行った。

長南パブリックGC
(http://www.chonan-pc.com/gdmw2/gdmw?c=VIEW&MID=100&FILE=course.html)
両脇の広い伸び伸びとプレイできるコースで、兄弟3人で楽しく回った。
考えてみたら、3人でやるのも始めてであるが、弟とやるのも初めてで、結構上手いのにも驚いた。

弟はクラブも色々研究しているようで、後半は弟のドライバーを借りて振って見たが中々感触が良く、いい刺激を受けた。
ドライバー買いに行ってみるかなぁ。

プレイが終わった後、弟の家に行き、姉貴が準備してくれていた飯で飲みながら遅くまで語り合った。
久し振りの楽しいゴルフ、語らい、飲み、であった。

リフレッシュできたなあ。


ところで、この日は、爆弾低気圧が関東地区を襲い、夜はまるで台風が通過したような大荒れであった。(風速38.1mは観測史上最大だとニュースでも言っていた)
お陰で、アクアラインは翌日、昼頃まで通行禁止になり、一日ズレていたら、来れないところだった。
昼はゴルフ場でも、そんなに遠くも無い山が黄砂でかすんで見える状態で視界が悪かった。
千葉でもこんなに黄砂が降るとは。再認識した。

Posted by hirarin at 21:50 | コメント (0) | トラックバック

2010年3月14日

隅田川沿いの早朝散歩

土曜日に千石に行く用事があった。姉の家が近いので、用事が済んだ後、姉貴にtelして、白山の寿司屋で姉貴夫婦と久し振りに飲んだ。

この店の女将さんは姉貴の高校時代からの友人で、私も、私の家族も含め、みんな昔からの長いお付き合いだ。
そんな気楽さもあり、開店から殆ど閉店まで、飲んだ。楽しいお酒であった。

本当は、飲んだ後帰ろうと思っていたが、結構酔ったのと、義兄が休みの日の早朝は散歩を心掛けていて、凄く楽しいという話を聞いて、その日は帰らずに、姉貴宅に泊まり、翌朝、義兄の散歩に付いていて行くことにした。

と言う事で、今朝は6時前に起き、義兄にウインドブレーカーとスニーカーを借りて、南千住、隅田川沿い、浅草寺と延々と2.5Hrも歩き回った。

早朝は人通りも少なくて、空気も美味しく、心地よく歩けた。
隅田川の水面に反射する朝日の幻想的な風景は美しく、建設中のスカイツリーも見えた。近々に東京タワーの高さを追い越し、どんどん高くなると言う。
その後、ひと気の無い浅草寺で参拝して、姉貴宅へ戻った。

この辺りは、歴史的な名所も多く、歩いていても楽しく、江戸っ子の義兄の詳しい解説を聞きながら、有意義な早朝の時間をすごした。

Posted by hirarin at 18:11 | コメント (0) | トラックバック

2010年3月10日

東大へ行った

近くまでは良く行くし、いつでも行けるとは思っていたが、中々行くことがなかった東大だが、この度、初めて行った。

情報処理学会が50周年を迎え、その記念大会が東大で大々的に行なわれた。
言語処理学会や、経産省、IPAなども併せて同時に類似の大会を行なったため、東大の中の各学部や記念の建物などに分散して同時進行され、東大を占拠状態にした。

正門から入り、安田講堂で濱田総長の記念講演を聞き、工学部で幾つかのセッションに参加し、若干の散策を試み、赤門から退場した。

建物は綺麗に整備されているし、レストランや喫茶店もデパート並みに沢山あるし、色んなイベントを受け入れるインフラも整っており、さすが日本の最高学府だけある。

SN4E0078.jpg
正門 奥に見えるのが安田講堂である

SN4E0079.jpg
安田講堂 経年劣化は凄いが中は綺麗だった

SN4E0077.jpg
赤門 翌日は合格発表で混雑することになる

Posted by hirarin at 22:58 | コメント (0) | トラックバック