2009年11月29日

新しい思考にチャレンジ

ある人たちと、新しい解析技術に取り組もうと思う。
色んな仕組みをネットワーク思考で読み解く。

もう一つはXX性を設計すると言う発想。
こちらはかなり新規性があって、面白いものになる。

少しワクワクしてきた。

Posted by hirarin at 22:42 | コメント (0) | トラックバック

人脈の幅を広げて

本日、ある資格の認定式のために新宿から京王線にのって、某大学に行った。
資格が欲しくて勉強した訳ではないが、やはり認定されると喜びも大きい。

500名近い受講生の中で、本日認定されたのが15名である。
集まった人達の挨拶を聞いていると、職業もバラエティに富んでいて面白い。
内科医、僧侶、学校の先生(大学、高校、元小学校)が3名、医療関係者が5名、商社、外資系IT、主婦、等

この人たちが同期ということになる。

かつて付き合ったことの無い人種だ。
午後から技術研修を受けたが、かなり感動した。
この人たちは、人間としての出来が素晴らしい。全員尊敬に値する人たちだ。

人生の何たるか、人類愛とは、ボランティアとは、何のために生きているか、etc
考えが深く、穏やかでかつ思いのある大人である。
巡りあってよかったと思える人たちだ。

違う分野の情報、人種、切り口、勉強の機会etc、etc 良い刺激を受けた。
とに角、楽しかった。あっという間の一日だった。
家でごろ寝しているより遥かに有意義な一日でしたね。

出会いに感謝。

Posted by hirarin at 22:36 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月28日

上総富士GCでプレイ

同期のMとTがこのゴルフ場のメンバーになった。
値段は驚くような価格だ。(ここでは彼らの名誉のために書かないが^^)
彼らの紹介で、一度やってみようと言うことで、TとSとSで行って来た。

横浜駅に集合して、そこからTの車に同乗させてもらった。

横浜からアクアラインを通って1Hrくらいで、着いた。思ったよりも近い。
木更津側も昔来た時より道路がかなり整備されており、そのせいもあって短時間でついたのだと思う。

特別価格で、普通のGCの半額(食事代を入れても)の感覚である。
足があれば、そんなに不便さを感じない。

仲間内なのでプレイのほうは、楽しく回れた。
このところ運動不足で体の動きはいま一つであったが、後半はそこそこの動きは出てきた。

帰りに横浜の崎陽軒で中華を食べながらSさんともう一人のSさんと3人で紹興酒を飲んだ。
Sさんのしみじみとした良い話も聴けて良かった。

Posted by hirarin at 21:01 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月27日

講話後の閃き

先のエントリーで記述した講話を昨日実施した。1時間の話とその後のQ&A。

自分が現場で悩んだことの自分なりの整理学であったので、準備期間が充分になかったが、それなりのメッセージ発信できたと思う。
聴講してくれた選抜PM達の反応もそれなりにあったし、質疑応答も手ごたえあった。

以前お世話になったS先生もUSからお見えになっていて、完了後に身に余るコメントを頂いた。
このコメントと、講話の中で話しながら、自ら気が付いた事があり、ちょっとワクワク感があった。
今朝、早起きしてこのワクワク感の(アイデアの)デッサンを行なった。
ちょっと楽しくなってきたな^^。

これをもって、近いうち国分寺のYさんを尋ねて行こう。
きっと、良い議論ができると思う。

継続して考えることの意義を感じた日であり、つぎのステップに昇華させていきたい。

Posted by hirarin at 05:12 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月25日

コミュニケーションのイノベーション

明日、会社のプラチナPMに対して、講話をする事になった。
型通りの教訓話ではつまらないので、何か考えてもらうために、若きプロジェクトチャレンジャー達に幾つかの提案と議論を持ち掛けようと思う。

そう言うことで、この2〜3日かけて、下手なppt技術で題記のテーマのプレゼン資料を20枚ほど作成した。

今日、この辺りの薀蓄で一目置いている、Fさんに話を聴いてもらい、レビュー兼議論を挑んだ。

30分のつもりではじめたが、展開が楽しく、あっという間に2Hrが経った。
見識や、アイデアのある人との議論は楽しくまた、触発される。

プロジェクターにつないだPCで、議論経緯のキーワードを叩きながら話を進めていたので、議論の展開が頭の中で整理され、実にスッキリとした充実した議論になった。

この経験は何か生みそうだな。

明日の、若きPM達の反応も楽しみだ。

Posted by hirarin at 20:32 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月22日

Nobu.Tsujii の癒し

久し振りの懐かしい面々との積もる話と、本当に楽しい飲み会であった。
尊敬する諸先輩たちからの有難い檄や励ましも沢山頂いた。
一方で、性も無いことを言う輩も居た。
頂いた感動と、傷つけられた心を引きずって帰った。

帰ると、NHKTVで盲目のピアニスト辻井伸行のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール(The Van Cliburn International Piano Competition)への挑戦の2週間を追うドキュメンタリー番組があり、つい引き込まれてしまった。

辻井の若く天真爛漫な姿、純粋さ、もちろん音楽そのものの素晴らしさも相俟って、まるでドラマのような展開と劇的な(本当に劇的な)優勝というフィニッシュ。

最近のこの種のドキュメンタリーの中では最高の出来だと言ってよいと思う。

所々、差し込まれている審査員の人達のコメントも詩の様に美しく、感動的だ。

とに角、癒された。
涙も溢れて来た。

お陰で、気持ちの切り替えもできた。
偶然とはいえ、神が準備してくれたとさえ言えるタイミングで与えられた。

何度も見返すことになるビデオだと思う。

Posted by hirarin at 23:29 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月21日

久し振りのOKZさん

久し振り、と言うか、音信不通に近かった大先輩のOKZさんと再会した。

何と言っても、若かりし頃の恩師であり、色んな分野の論客であり、何にも知らなかった私に色んな世界の扉を開けてくれた人である。
何年ぶりかなあ。

帰りに思い出話とも、近況報告とも、近未来話とも、つかない色んな話をした。
あっという間の2Hr。入った店の閉店で終了と言うことに相成りました。

今後は連絡を取り合って、お互いの成果報告をしたいものだ。

Posted by hirarin at 19:08 | コメント (0) | トラックバック

半田屋

仙台に行くといつも泊まるLというホテルの近くにある大衆食堂である。
あちらでは有名なのか、そうでないのか、チェーン店なのか、そうでないのか、etc全く知らないが、気に入って、時々行く。

しかも、朝にである。

この店の良いところは、24Hr営業ということ、そこそこ旨い事、自分でおかずが選べるし、何と言っても安くて、量が多いと言う事かな。

前の晩に、沢山飲んで語り合ったりすると、食う量が少なくて(しかもその後、ラーメン等を食べに行かなかったりすると)朝からお腹がすいてたまらないことがある。

そういう時は、ホテルの朝食(1500円也)は避けて、この店に飛び込む。
因みに、この日に選択したメニューは、
・めし小(小といっても普通の店のどんぶりくらいある^^;)
・味噌汁
・肉じゃが(小皿)
・マーボ豆腐(小皿)
・サラダ
・納豆
・刻みネギ(別皿)
           以上で626円
この日はちょっと欲張って量が多かったが、普段は500円くらいで済む。

表通りを一つ入ったとはいえ、都心にある(青葉区一番町)店である。
この立地、この内容でこの価格は魅力的である。

まあ、夜に行くことは無いと思うけど。
SN3E0037.jpg
早朝の一番町の通り(半田屋の看板も見える)

Posted by hirarin at 18:03 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月11日

椿山荘にて球磨焼酎を

ある所から球磨焼酎の大テイスティング会を椿山荘にて行なうので来ませんかとのご招待を頂いた。
球磨焼酎は元より、椿山荘の方にも強く興味があったので、定時後に目白まで行って来た。

招待者の数も(会場の広さからすると)かなり絞られているようで、TVのグルメ番組で見かけるコメンテイターやマスコミの人も多く、場違いな気がしたが、そこはそれ^^、すぐに闘争モードに入りました^^;

25のブースに各蔵元が自慢の焼酎を4,5種類並べ、ストレート、ロック、水割りなどを頼むと目の前で注いでくれる。器はミニサイズのプラスチックであるが、一つのブースで2〜3種類飲むので、全部回ると(当然、全ブース回ったが)かなり酔う事になる。

仕事関係の会合であると、立食パーティ形式であるが、今回は試飲会なので、酒は無償の振舞いであるが、(当然のことながら^^;)食い物は全く置いてない。(沢庵の一枚も無い^^)

しかも仕事帰りにギリギリ滑り込んだので、腹の中は空っぽ状態である。

しかし、それはそれ、根が好きなもので、2番目のブースを回る頃には、すきっ腹を忘れて、焼酎を味わっていた^^;
懐かしい熊本弁と、各ブースの個性豊かな蔵元のお兄さんお姉さん達の弁舌に(お酒に?)酔いしれながら沈没したのでありました。

銀座のSonyビルのそばに熊本名物を揃えた熊本会館があるそうで、そこでも球磨焼酎を各種、売っているそうである。今度行って見ようかな。

それにしても、球磨焼酎をこれだけの種類、一度に飲み比べることは初めてであり、今後も無いだろうと思うが、独特の米の香りだけでなく、多彩な味とフレイバーの違いをたっぷりと感じることができました。

いや〜、良い経験でした。
来年もご招待が来ないかなあ。

Posted by hirarin at 22:37 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月 7日

松井のMVP

NHKTVの「追跡!AtoZ」を見ながら書いている。

番組は松井の大活躍の裏にある苦悩や、選手生命をかけた努力、克服のプロセスを追いかけている。

華やかな優勝戦でのMVP受賞に際しても、決して調子に乗らず、淡々とした大人の雰囲気を漂わせていた。

シリーズ中も修行僧のように無表情で、ホームランを打っても淡々としているなあと思っていた。

この番組を見ていると、彼の満身創痍の体の状態と、契約最終年の追い込まれた状況と、苦悩を乗り越えてきた日々の様子が良くわかる。
苦しい中でも堪えて、積み重ねてきたことが土壇場で花を開いている。

松井の表情もすごく大人の、良い顔になってきた。
イチローとは違う次元で、「闘うプロ」だと思う。世界に通用する数少ない選手の一人になった。

ヤンキースの若返り作戦の中では、来シーズンの継続契約は難しいだろうが、松井もニューヨーカーのみならず、US全体の祝福を受ける素晴らしい1年の締めくくりになったと思う。

自分の闘っている事と重ねても、感じるものは多い。
やはり、人間を育て、一つ上の高みに上らせてくれるものは「苦難」であると今更ながら思う。

Posted by hirarin at 22:32 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月 4日

成長戦略

鳩山さんが国連総会の演説(25%の温暖化対策)で拍手喝采を浴びてから1ヶ月くらい経つ。
批判も多いが、今日のニュースなどを見ていると、前向きな対応も随分と聞こえて来ている。

住宅会社や空調の制御などで事例の紹介があった。しかも(短期の割には)かなり良い数字を出していた。

経産省も、方向チェンジし、温暖化対策を成長戦略の柱にすると言い出している。
自然エネルギー(太陽光、小規模水力、風力etc)に対する積極支援、電気の買取制度(電力会社への義務付け)などだ。

「地球温暖化対策税」などの新税の案も紹介されていた。
化石燃料の使用を抑えるために課税し、そのお金でベンチャーのユニークなアイデアなどの優遇、支援をする。
いずれにせよ、低炭素社会の構築と国民負担のバランスの問題になる。

一方で、LED電球の紹介があった。
つい最近までは一個1万円で売ると言う計画であったが、ライバル会社が半額(3980円)を発表したので、コスト低減を已む無くされ、国内生産から中国生産に切り替えると、あるメーカーの人が言っていた。
いずれにせよ、国内雇用には結びつかない訳で、これはこれで別の問題に繋がる。

25%の提言が色んな規制に繋がると、マーケットでは規制の無い中国などの国と、競争力の上で不利になる。

色んな不協和音を生み出しているのは事実である。
しかし、目標を明確に打ち出した意義はある。
上記した様に、新しい動き、新しいアイデアはどんどん生まれ、新しい成長戦略へ向けて舵は切られた。

5年後に、マスキー法の時と同じように、あの決断があったから「正しい舵取り」ができたのだと言われることを期待したい。

Posted by hirarin at 22:23 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月 2日

新宿サザンテラスのドーナッツ屋

本日、ある会合がマイクロソフトの新宿オフィスであったが、ちょっと早く着いたので、時間つぶしをしないといけなかった。

昼飯は食ったしなあ。

そこで、きょろきょろと辺りを見回しながら歩いていると、ドーナッツ屋が目に入った。
Krispy Kreme Doughnuts だ。

SN3E0023.jpg

MSの新宿オフィスに来る時はその度に目にするが、いつも行列ができていて、入る気がしなかった。

ところが、今日はどうした事か、2、3人しか並んでいない。
ようし、どういう所が人気の秘密か探りに行ってやろう。
お腹一杯でも、ドーナッツ1個ぐらい入るだろう!

コーヒーとスタンダードなドーナッツを一つオーダーすると、別にもう一つくれた。

頼んでないけど?
「出来立ての試作です。良かったら食べてください」と言う。

これが(出来立てのせいか)、結構美味しかった。コーヒーも量がかなり多く、おいしい。

客はかなり沢山(10〜20)オーダーしていたが、お土産かなあ。一個のオーダーなんか恥ずかしいな^^;
圧倒的に女性客が多かった。

会合の帰りに見ると、いつもの様に行列ができている。
しかも、並んでいる人は皆、サービスのドーナッツを手にして食べている。(店員がわざわざ、外に出て並んでいる人に一つずつ配っている)
これが人気の秘密なのかな。

聞いて見たら、いつもこのサービスがあるそうだ。
なるほどね。

それにしても、東京人は何でも良く行列を作る(並ぶ)。

Posted by hirarin at 22:18 | コメント (0) | トラックバック