2008年12月31日

行く年に

この年末年始は喪に服し、家でじっとすることにした。
仕事で出社することもあり、休みも飛び石になったこともあるし^^;。

なるべく、家族のために時間を充てる事にし、特に部屋の掃除、改修、PC環境の改善などの懸案を精力的に行なった。
PCのディスクパーティションの配分見直しは、調査だけは済んでいたが、リスクもあるため躊躇っていたが、良いツールを見つけたのでwebで購入し、一気に対応した。肩の荷が下りた気がする。これでやっと子供たちの攻撃を受けなくても済む。何せ各自のipodの登録量がうなぎ上りで、ストレージが切迫したので。やれやれだが、何時まで持つ事やら^^。

オーディオ関連のドライバがおかしくて音が出なくなっていたが、何とかドライバの入ったCDROMを見つけ出し、再セットアップもした。
やり始めたら何と言うことも無いのだが、探し物や、鬱陶しい調査事項などがあると、つい先送りしてしまう。

しかし、人のために何かの奉仕をするのは気持ちの良いものだ。嬉しそうな顔を見るだけで報われた感じがする。

2Fの猫の額の書斎も長年の懸案であった整理がやっと納得いくレベルで済んだ。それだけの時間も費やしたし、すっきりした。
本や雑誌も昔は捨てられなかったが、思い切って色んなものを捨てた。

来る年に供え、色んな準備ができたな。
充実した作業、懸案のクリア、すっきりした気分で気持ちよく新年を迎えよう。

皆さん、良いお年を!

Posted by hirarin at 14:02 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月28日

祝4周年!

このblogも今日で4周年(足掛け5年)を迎えた。
色んな方のblogを拝見する機会も多く、色んなバリエーションがあることも知ってきた。
しかし、足掛け5年も続けている方は、そう沢山は見かけない。
50ヶ月も良く続いたなとも思うし、相も変わらぬ工夫の無さにため息が出る一方で、色んなことを経験してきたなあとも思う。
このように自分の経験したことや考えたことを具体的に思い返すには他に例の無い、良い媒体だなと思う。
4年前の記事を見ても、つい先日の出来事のような錯覚に陥る、生々しさを感じる。

年末という一年の節目に過去を思い返し、反省し、来年の展望を開く。良い場を与えられていると思う。

年と共に、だんだんと一年が短く、早く過ぎ去るような気がする。
色んなことが多面的な繋がりを持ち、どんどん加速化し、結論が早くなってきた。
東京という地で、色んなものに興味を持ち、出会いを重ねるうちに自分の物の見方も随分変わってきたと思う。

また、今年は母の死もあり、秋以降、日頃読まない多方面の分野の読書をし、深い思索をし、人生観、死生観にかつてない変換機が来た年だったと思う。

blogはある意味、(その性格から書く内容に)限界があると思うが、自分にとってはPCに向かって自分の考えを留める、整理する、自分と向かい合う、良き機会を与えてくれる場だと思う。

次の一年が、自分にとって少しでも飛躍できる場であり、このblogにも納得いく生き様が綴られん事を祈念して。


Posted by hirarin at 20:08 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月17日

六本木ヒルズで忘年会^^

昨夜は、MPUFの研究会の人たちと六本木ヒルズで忘年会をした。

MSの人が知り合いの伝と言うことで、けやき坂沿いの六本木レジデンス内のスカイラウンジを借り切ってのパーティである。
さすが、外資系の人は垢抜けた企画である^^。
案内が来た段階で、内容はともかく、六本木の42階の眺望を経験したくて、即、参加の意思表明をした。
ただのミーハーである^^;

家族的な人数で、六本木の夜景を独り占めだ!

スカイラウンジは少数の人で貸しきるおしゃれな空間で、吹き抜けの42階と43階に、寛げるソファー、台所、展望テラス、etcが付いていて、ミニパーティができるようになっている。
(このレジデンスに住んでいるセレブだけが借りれるのかな?うらやまし〜。)
何より、この眺めである。

星屑の中に浮いているような感覚だあ。


仕事が長引いて、ちょっと遅れて行ったが、雰囲気は充分楽しめた。
ワインの試飲会や、プレゼント交換会など、わが社では企画しないようなおしゃれなイベントをさりげなく散りばめてある。
Tさん、なかなかやるじゃ〜ん。

見知らぬ業界の人とも、沢山お知り合いになり、有意義かつ楽しい夜であった。
ヒルズ族のセレブな空間も堪能できた。
金持ちになったら、このあたりにこんな空間を買うのも悪くないなと、つい思わせる(惑わせる^^)贅沢な場所でした。
チャンチャン。

081216_2006~01.jpg
夜景を背景に試飲会のワインのボトル達が並ぶ081216_2055~01.jpg           レジデンスの前の通りもイルミネーションできれいにデコレーション

Posted by hirarin at 23:59 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月14日

打倒メタボ計画

前回の特定健康診査の結果、(腹回り測定の結果)対策が必要になった^^;。
周りのおじさんたちにも同じようなmailが来ている様なので、一定年齢以上の予防保全が必要な(腹が出ている)人たちは同様の対策が求められているようだ。
健康管理センターのU先生が継続的に保健指導をして下さり、半年かけてメタボ対策をしよう!、と言うことになった。

そう言うことで、先日、センターに出頭し、再測定と色んな指導を受けてきた。
U先生も中々面白い人で、元気を貰った。

一緒に、自分の生活パターンの問題点を洗い出し、改善計画を作成し半年かけて改善しようと言うものだ。
目標値(減らす体重、腹囲)を決め、目標達成までに減らさないといけないエネルギー量を計算し、一日当りの減少エネルギー量を決めた。
次に、そのエネルギー量をどのようにして減らすか(inputとoutputのコントロール量)を宣言する。

因みに、腹囲1cmを減らすのに、体重1kg、calにして7000kcalが必要だとのことだ。

運動は既に週1回レベルでのランニングなどを実施しているので、これを続けて行けば問題ないとのことだった。(実際、体重は今回の測定で3kgほど落ちていた)

問題は食習慣と、アルコールである。
一番だめなのはアルコールだな。これを現状の半分止めれば簡単に目標calはクリアしてしまう。
土日は、何かイベントが無い限り飲むことは無いので、平日の飲み方、量の見直しをしなくっちゃ。

いつかは具体的に手を打たねばと思っていたが、今回の指導をトリガーに頑張ってみよう。
納期は半年後。半年かけた打倒メタボプロジェクトの開始だ!

ということで、昨日はジムにランニングに行って来た。終末の酒も抜けて心地よい疲労感が残っている。次にU先生に会うのが楽しみだ。

Posted by hirarin at 07:27 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月13日

心に残ったトーク2つ

久し振りにのんびりとした土曜日を過ごした。
いつもの土曜日の午前のパターンをゆっくりとこなしていく。
TVもいつも見るものを掃除しながら、食事しながら、mailの整理しながら見ていく。

その中で、今日、心に残ったトークは2つ。
一つは、女優の酒井美紀さん。
最近結婚されて、番組でも幸せそうな話しっぷりだ。
でも、芯の強いと言うか、頑張り屋さんだなと思えるところがあちこちに伺える。

「その時しかやれないことがある。その時しか頑張れないことがある。」と言う。
確かに、旬な時間(だった)と後で思えることが沢山ある。
我々の年齢になると何となく見えてくるようなこともある。

「人と比べても仕方ない。自分の人生だから自分の納得するような生き方をしたい。」
「色んなものを見ると、価値観が多面的になる。だから積極的に色んなものに触れるようにしている。」
若いのに、しっかりとしたお嬢さんだ。

もう一人が、十二代・市川團十郎である。
襲名披露や、厳しい練習風景、勧進帳のパリ公演の様子などが紹介される。
締めに団十郎から出た言葉。

「演劇の目的は(観る人の)心の浄化である。従って自分の「人間を」磨くことが最大のテーマである。」
伝統芸能を体を張ってやっている人の重みがある言葉だ。

Posted by hirarin at 19:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月10日

苦しい時に

NHKTVのプロフェッショナルにボリショイバレー団ソリストの岩田守弘さんが出ていた。
この方、この世界ではかなり認知された有名人らしい。

しゃべり方が飄々としていて、弱さを隠さないと言うか、非常に人間ぽい人だ。
ご本人のwebサイトものぞいて見たが、面白く、かつユニークな芸術家だ。
苦労も沢山乗り越えた人だと思えた。

その方の印象に残った言葉。

「良い事ばかりだと心が遊んじゃうから、(苦しいことも無いといけないね。)」
「苦しい時に、心が成長する。」
苦労は買ってでもせよ、と言うことか。
味のある言葉だ。

Posted by hirarin at 23:40 | コメント (0) | トラックバック

イカ

たまたま見ていたNHKTVでイカの話をしていた。
へ〜と言う面白い話もあったので、以下にメモしておく。

・イカは1年で卵を産んで死ぬ。つまり成長が早い。
・だから、イカは何でも食う。プランクトンのような微生物から、自分の体の半分くらいの大きなものまで。
・イカは日本で最も沢山消費される魚介類である。消費量は世界の年間漁獲量の1/2。

近くの居酒屋で私が好きでよく頼むものに「トンビ」というものがあるが、これはイカの口である。
上記の物凄い食欲を証明するように、大きな口でありほとんどが筋肉である。

Posted by hirarin at 22:55 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 6日

横幹連合

横幹連合とは横断型基幹科学技術研究団体連合の略称で、国内の基幹技術研究の学会を会員とするメタな学会である。
地球環境問題などの対処に多くの相矛盾する課題の解決や、新たな価値創造の基盤を確立することが急務のものづくりなど、新たな価値創造の基盤を確立することが急務な日本の現状を背景としている。
これらの諸問題の解決には、横断的な視点に立った「知の統合」が不可欠だとの認識でスタートしたものだそうで、今回が2回目のシンポジュウムである。

茗荷谷にある筑波大の東京キャンパスで横幹連合総合シンポジウムがこの4日、5日と二日間に渡り開催された。

シンポジュウムの趣旨にも賛同するし、我々の仕事にもヒントがあると思い、初日の午後に参加してきた。
基調講演が東大の藤本隆宏教授であったので、これも楽しみのひとつであった。
講演の内容は例によって自動車産業を中心にものづくり概念と産業競争力のはなしであった。
藤本先生は想像していたより面白いキャラで、話もうまかった。
1Hrの講演に配られた資料は少なく見ても4〜5Hr分はあった。話はあっちこっち脱線するが話しなれているので、聴衆の気持ちを掴むのがうまいし、精力的に現場を回っていることが推測できる泥臭いネタばかりであった。

その後のパネルディスカッションも藤本先生の独壇場の感はあるが、得るものがあった。別途纏めてみたい。

ただ、出席者は大半がアカデミアの人たちで、居心地が良くなかったが、日頃無い良い刺激を受けた。

Posted by hirarin at 15:37 | コメント (0) | トラックバック

北六甲でプレイ

同期の連中と北六甲カントリー倶楽部でプレイした。

http://www.kita-rokkou.co.jp/

先週からの不順な天候も持ち直し、気持ちの良い秋晴れの晴天となった。
ご出席の皆さん、かなり回数をこなしておられる様だったが、私は今年は何と、これでまだ3回目^^;
その割には、そこそこだったかな^^;
何せ、その貴重な2回目が先週だったから、何と2週連続で、感覚が残っていて^^。

パターは最近調子がよく、今回も稼がして頂きました。
来年は、少し心掛けて、回数も重ねて腕を磨きましょうかね。

Posted by hirarin at 15:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 1日

同期会

先週末は、4年に一度の同期会が関西であった。
実は(いつの時からか定かではないが^^;)、オリンピックイヤーに同期の連中で集まろうということになっていた。
幹事が良いのか、それからずっと継続して開催されてきた。
確か、今回で6回目か、7回目になるはずである。こんなに続いている同期会も珍しいと思う。

前回の時に、もうみんな結構良い年だし、他の会社、他の職場に移籍した人も出てきたので、前回が最後かな、と言っていた。

ところが、今回も無事に開催され、みんな元気な姿を見せた。
10年ぶりに逢う人もいて、異様に盛り上がった。
懐かしい顔を見ると、気持ちは数十年前の新入社員の時と変わらないが、みんな頭が薄くなったり、白くなったりが目立って、すっかり熟年の風情である。(自分のことは、さておき^^)

久し振りの楽しい時間であった。

4年後も、またやれたら良いね。

Posted by hirarin at 22:58 | コメント (0) | トラックバック