2011年3月12日

大地震

昨日、15:00前後に大きな地震があり、その後も余震や新たな地震が続いている。
自分の経験の中では最大の、かなり強い地震であった。

今までの地震で感じたものと違うのは、
・長時間揺れ続ける。
・震源地が動き、多発する。
・ゆれ方のパターンがさまざまである。
 etc
東京では、交通機関が全て止まったので、昨晩は会社に泊まった。
会社側の指導も泊まる事を勧めていた。
これも初めてのことであったが、会社側の誘導や、館内放送、備蓄された非常食や毛布の支給、その段取りなどテキパキとやってくれた。

結局、朝まで仕事をし、貫徹をしてしまった。
幸い、朝一番から電車が動いてくれたので、5:30の電車に乗って帰ってきた。

TVを見ていると、マグニチュード8.8という史上最大の震度であったようだ。
東京の半分の地域が停電状態だ。

ニュースで見る東北地区の津波の映像は物凄い。
仙台空港が津波に飲み込まれている。

映像で見る範囲では、仙台は壊滅状態ではないか...。

近所のコンビニに入ったが、朝飯になるようなものは何も無い。スッカラカンだ。
店員に聞いても、配送が無いので、見通しが立たないと言う。

それにしても、まだ震源地を変えながら余震が続いている。
かつて経験の無いことだ。
どうなるのだろうか。

明後日から、海外出張の予定だが、行けるかな。

Posted by hirarin at 2011年3月12日 06:49 | トラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/102554
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。