2011年2月23日

関西でプレゼン

ひょんなご縁で、今進めているあるタスクのご紹介を兼ねたプレゼンをK社の社長、常務に実施した。

この所、社内向けは沢山喋る機会が多かったが、顧客トップは久し振りの緊張であった。

ところが、思ったよりも色んな方面へ質疑が及び、語り部自身が思いもしない刺激を頂いた。
モノの見方は切り口により、かくも大胆な発想が得られるのだと分かった。
ただ、ただ、感謝、感激だな。

自分自身で考え、自分自身でデザインし、自ら客先に出向くことは、当然のことながら大事であると再確認した。
楽しい1時間であった。

色んなことが良い方向に集約しつつある。
面白くなってきた。

Posted by hirarin at 2011年2月23日 23:50 | トラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/102293
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。